敏感肌の時のスキンケア注意点

敏感肌の方は寒いときに汗をかくと肌が痒くなったり、お風呂上りに肌が痒くなったり赤くなったりします。

このような症状がみられる場合には敏感肌の可能性があります。

敏感肌の方のスキンケアの注意点として、外的刺激に弱い傾向があるため熱いお湯や強い洗顔料でゴシゴシ洗うことは控えてください。

理想はぬるま湯で刺激の少ない洗顔料で優しく洗うことです。

後はスキンケア用品もあまり強いものを選ばないようにしましょう。

敏感肌向きなどの商品をネットなどで調べ、その商品のレビューを参考にすると良いでしょう。

敏感肌の時ピーリングはしない方がいい?

そもそもピーリングとは何か?

ピーリングとは肌の角質を取り除きターンオーバーの正常化を促すことです。

ここで勘違いしてはいけないのがターンオーバーの正常化を目的としているため早めるための物ではありません。

ピーリングには薬剤を使う化学的なピーリングと物理的な力で角質を取り除くピーリングが主です。

しかし、両方とも刺激が強く敏感肌の方は特に肌にストレスを与えてしまうため行わないのが吉です。

その場合は、普段の生活習慣の改善によりターンオーバーを正常にするよう心掛けましょう。

敏感肌の時に避けたい成分は?

敏感肌の時に避ける成分は実はたくさんあるのですがすべてを避けては通れないのが現状です。

したがって特に避けた方が良い成分をご紹介。

1つ目は合成界面活性剤です。

この合成界面活性剤はかなり多くの化粧品などに使われているのですが、肌のバリア機能を壊し肌荒れの原因となってしまいます。

2つ目はエタノールです。

消毒や殺菌で有名なエタノールですが実は肌の乾燥を促進してしまうという側面を持っています。

3つ目は香料です。

香料は様々な種類がありそれは明記されていません。

もちろん肌に無害な香料もありますが、一部の香料は紫外線に当たることで成分が変化し肌に悪影響を与えるものがあるため無香料を選ぶのが無難です。

ひどい場合は皮膚科での受診を!

敏感肌が酷くなると炎症を起こしたりしてさらにそこから雑菌が入ると更に悪化してしまう場合があります。

このような場合には早急に皮膚科を受診しましょう。

皮膚科を受診することにより長年悩んできた敏感肌がすぐに解決するということも実際にあります。

しかし症状がひどくない場合には基本的には自分で改善できる場合がほとんどですので皮膚科に行く前に生活習慣の改善をしてみましょう。

また敏感肌が酷くなる原因には胃腸の異常なども挙げられます。

この場合スキンケアで誤魔化すことはできても根本を解決できていないので1度皮膚科を受診し必要ならば内科も受診しましょう。

寝る前は必ずメイクオフとスキンケア

10代や20代の頃は化粧を落とさずに寝ていましたが、30代に突入してから目の下にシワやほうれい線が目立ち始め、何があっても化粧は必ず落とし化粧水とクリームを塗ってから寝るようにしています。

洗顔をする時はなるべく皮膚を刺激しないように優しくなでるようにしています。

以前までは化粧水を手で付けていましたが、手に水分が奪われてる気がするのでコットンを必ず使うようにしています。

定期的に目の下とほうれい線のところに部分パックをしたり、全顔パックを心掛けています。

若いうちから行っていれば、今の肌はもう少しキレイだったかもしれないと悔やむ事があります。

■鼻のぶつぶつを治す!イチゴ鼻をすぐ綺麗にする裏ワザ|鼻の毛穴黒ずみ治し方なびhn15
■http://xn--hn15-u83cra7i3a2c7gx629dbura002m7gb.com/
鼻 ぶつぶつ